考える、考え続ける…その先にある、感じる

誰か正義のヒーローに他者を受け入れる事を教えてやれ。
絶対的正義なんてものが無いのなら、「待てーい!」なんて言って現れて、
怪人の言い分も主張も聞かず、いきなりぶちのめすヒーローは、
ともすれば自分の価値観を武力をもって他者に押し付けるオッサンでしかない。

争い、戦い、結局は最後に勝った者が正しかった、それが正義なんだと。
それが聞く耳も持たず、圧倒的武力をもってねじ伏せた結果だとしても…。

出来上がっている構図にも、正義顔悪人顔などの視覚的なイメージにも惑わされず、
その意見の多数少数でも量らず、ましてや力の強弱や結果的な勝敗にも左右されず、
本当にフラットに事象に相まみえた時、それぞれがそれぞれの主義や価値観で考え、
感情を波立たせ、行動しているのだと痛感する。

子供の見るテレビのヒーローを見ながら、世界で続くテロを考える。
文化や地域が違えば、「常識」でさえ不変ではない世の中で…。
[PR]
by animalwarning | 2016-08-01 20:55 | その他
<< 臨時休業のお知らせ。 続「不思議なこと」 >>